• メール
  • フェイスブック
  • インスタグラム

寒い時の観葉植物の管理

2018.01.25

ブログ

 

こんにちは。福山市沖野上町のお花屋 グリーンポットふじたにのNです。

福山市内昨晩は冷えました。

店の水道の一部が凍結して逆流するという、かつてない事が起こり、朝からてんやわんやでした。

こんな寒い時、人間も寒けりゃ植物も寒いのです。

室内に飾る観葉植物は最低10℃前後ぐらいまでがベスト。それ以下になると弱ってくることがあります。

真冬は暖房を切ると一気に冷え込んでいきます。特に窓際は放射冷却によって特別冷え込むので、必ずカーテンをするようにします。

置き場所も少し窓から離した所へ置きます。

特別冷えそうな晩は暖房を切る寝る前にダンボールや発泡スチロールに入れると保温する効果があります。

耐寒温度が12度以上を必要な観葉植物はバスタオルなどでしっかりくるんだ湯たんぽを一緒に入れると効果が更にあります。

その際は、中が高温にならないよう注意してください。

他に暖房の効いている部屋では寝る前に鉢植えをビニールシートで覆ってしまう方法もあります。

また、お風呂場に置いておくと、余熱と湿度があり、ポトスなど暖かくて冬でも成長する事があります。

鉢植えのサイズにもよって対処法が違ってきますが、できる方法でこの冬、乗り越えて下さい!!

Copylight©GreenPot Fujitani. All rights reserved.