• メール
  • フェイスブック
  • インスタグラム

トピックス

トピックス

備前焼初体験

2019/10/07  イベントトピックスブログ

先日初めて備前焼のお皿を初めて作った福山市花屋グリーンポットふじたにのNです。

備前焼はウィキペディアで調べると・・・岡山県備前市周辺を産地とする炻器。日本六古窯の一つに数えられる。備前市伊部地区で盛んであることから「伊部焼(いんべやき)」との別名も持つ。同地区で数多く見られる煉瓦造りの四角い煙突は備前焼の窯のものである。日本六古窯の一つに数えられる。備前市伊部地区で盛んであることから「伊部焼(いんべやき)」との別名も持つそうです。

とても古い歴史があり、特徴は釉薬も使わず、絵付けもしませんが1,200℃以上の高温でじっくり焚き上げ2週間以上も焼き続けます。

講師はこちら↓

備前焼工房 香山

 

人里離れた三和の森に佇む備前焼工房
豊かな自然が織りなす四季の移ろいが感性を育む。
創作活動に適した環境がここにあります。
本格的な穴窯を備えた香山佳輝の活動拠点です。

備前焼工房 香山
〒720-1603
広島県神石郡神石高原町時安5020-4
090-3374-2000
kayama@sky.kagayakinet.ne.jp

今回、店とのコラボのワークショップで企画したので、苔玉のお皿という事でお皿を作りましたが、皆さん「苔玉乗せるにはもったいないね・・・」きっと持って帰ったらお刺身なんかが乗ってるかも!!

まずは先生が用意してくれた土を平らに延ばしていきます。

 

そして道具の名前は忘れたのですが・・どんぶりをひっくり返したような物に土を乗せて好きな形に整えて、足を付けたら出来上がり!!

 

そうなんです。最初はこんなに黒い土なんです。緋襷(ひだすき)と言って藁を器に巻いて焼くと藁の成分が焼かれて土と化学反応を起こして赤い柄が残るんです。

なので焼きあがるまでどんな色合いになるかはお楽しみなんです。

 

続けて苔玉作り。今回はテーブルヤシ。苔は生の苔は案外扱いが難しいので今回着色した水コケを使いました。皆でまた土をコネコネ。

 

植物は違いますが出来上がりのイメージ。焼き上がりまで1ヶ月ほどかかるそうです。それまで苔玉を枯らさないように!!

今回お皿だったので比較的簡単でしたが、お茶碗とか湯のみとか難しそうです。でもまた作ってみたいと思っています。今度は先生の工房にもお邪魔してみたいです。どうやらこんなに自然に囲まれてるみたいです!!

あんまり寒くなる前に行かないと雪が積もります!!!

 

10月ですがまだまだ暑いですね

2019/10/02  イベントトピックスブログ

おはようございます。福山市花屋グリーンポットふじたにのNです。10月になってもまだまだ長袖が着れずにいます。夏が長いですね・・・カープも4位に終わり残念な結果となりましたが、3連覇だって凄いことですよ!!監督はじめ選手の方々に感謝です。そしてまた来年も応援するよ~!!と、言う事で夜の楽しみが1つ減ったのでせっせとお仕事頑張りたいと思う今日この頃・・・・消費税も10%になりあまり楽しい話題は少ないですが、これからクリスマス、お正月にかけてお花の出番が多くなる季節です。やりたい事いっぱいあります。何をしようか悩んで頭がパンパンになります。まずは毎月やってるハーバリウムのワークショップ。ハーバリウムもブームが去った感じがしますが使うお花や器で楽しみ方は色々幅広いと思います。毎月楽しみにして頂いてるので、当店ではまだしばらくワークショップは続けていきたいと思っています。ちなみに今月は紅葉の入った秋のハーバリウムです。

20日にワークショップがありますので興味のある方はご参加下さい。

急遽ですがドライフラワーとプリザーブドのアレンジやります。

10月6日10時~参加費¥2700。手のひらサイズで可愛いです。告知がギリギリで申し訳ありませんが、参加の場合4日午前中までにお知らせください。

 

 

海が見える所でワークショップ

2019/09/04  イベントブログ

9月というのにまだまだ半端なく暑いですね。福山市沖野上町花屋グリーンポットふじたにのNです。でも関東地方は北海道より気温が下がるそうですね~。台風も来てるし不安定なお天気が続くみたいです。大きな災害が起きないといいですね。

ちょっと前の事ですが、福山市箕島町のカフェ「風の時計」さんで苔玉のワークショップをしました。その日は少し気温も下がっていたのでテラスでする事にしました。

瀬戸内海が見えるとても景色のいいテラスです。

逆光で景色の良さが伝わりにくいかもしれませんが、晴れた日はもちろんですが、曇りの日も雨の日もそれぞれの良さを感じられる景色です。

そんな景色の良いところで時々ワークショップをさせてもらってます。今回は苔玉。

カフェにあわせて、コーヒーの木を植えてみました。このコーヒーの木は育てば大きくなり上手くいけば実も付くんですが、コーヒーとしては使えないそうです。そして苔は生きた苔ではなく水コケを着色した物を使いました。生きた苔は案外枯らしてしまう事があることと、コーヒーの木はそこまで頻繁に水が必要ではないので、生きた苔とは水やり回数が違ってくるので、水コケにしました。

皆さんおにぎり作る要領で具となる植物の根を土に押し込み丸めて苔を糸で巻きつけました。まん丸ではなく少し変形してるのも味があっていいと思います。

 

そして作品が出来上がったら思い思いの場所でコーヒータイム。何と贅沢な時間でしょう!!

私もお仕事はと言えとても優雅な時間が過ごせて、ここのワークショップは楽しみです♪

 

こんな感じで出張レッスンも承りますのでお気軽にご相談ください。

1 / 3712345...102030...最後 »

カテゴリー一覧

Copylight©GreenPot Fujitani. All rights reserved.