• メール
  • フェイスブック
  • インスタグラム

ニュース

ニュース

町探検。小さな記者がやってきました。

2019/06/15  トピックスニュースブログ

今日は全国的に雨模様ですね。福山市沖野上町 花屋 グリーンポットふじたにのNです。

先日、地域の小学2年生が生活科で「町探検にでかけよう」という授業で店に10人程の児童がやってきました。もう10年近くになると思います。地域のお店や会社にグループに分かれてお仕事風景や内容を見て聞いて探検してきます。

事前に先生から児童の質問をまとめた物が渡されます。毎年内容は似たり寄ったりなんですが、こちらが今年の質問。

 

毎回有るのは、「一日にいくら売れるますか。」今回は儲かるか?と有ります。これは大人の事情でお答えするのは難しいな(>_<)工場等で一日の生産量とか聞く感じなんだと思いますが、売れる本数もなかなか答えにくいです。子供達は数字を聞いて「わぁ~凄いな」とかイメージするんでしょうかね。

中にはバラの花が1本300円だと伝えると「安いな~!!僕はお年玉の貯金が5万円有るんでぇ~!!」との事。可愛いです。お花屋さんにお花を買いに来る日は一番は母の日。次は誕生日、記念日、発表会、お見舞い、お悔み等が多いですが最近はプロポーズの時に渡すのでって男性が買いに来られる事も増えてきました。赤いバラの花1本だったり、可愛いミニブーケだったり色々ですが一番大きい花束は108本のバラ。

バラの本数に込められた愛のメッセージ

1本:「一目惚れ」「あなたが運命の人」
3本:「愛してる」
4本:「一生愛し続ける」
12本:「私の恋人になってください」
40本:「真実の愛」
99本:「永遠の愛」

108本:「結婚してください」諸説ありますが「108=永遠に(トワニ)」と読めるため、108本のバラがプロポーズ用として認識されたようです。

とネットには有りました。

子供たちに「男の子はプロポーズする時に108本のバラの花束渡せるように頑張ってね」というとさっき5万円の貯金があると言ってた男の子は「ええええっ~そんなん恥ずかしいわ」と照れてましたが「女の子は108本花束貰えるように女子力アップよ!!」というと目をキラキラ輝かせて「ハイ(*^_^*)」と大きくうなずいていました。女の子ではなく既に女子でした。この日の体験が子供たちの中でどのように残るかはわかりませんが、お花に少しでも興味を持ってもらえたらと思います。108本じゃなくても気持ちは伝えられると思います。ちなみに108本の薔薇の花束はこんなボリューム。以前ご注文頂いた時のラッピングする前の販束。かなりのボリュームと重さです。何本でも伝わるとは書きましたがこれだけの花束、一度はもらってみたいと思わなくはないですよね(^v^)

 

お花見行きました

2019/04/05  ニュースブログ

毎日お花を見て暮らしてて、お客様からも「毎日お花見ができていいですね」とも言われてますが、なかなか愛でるって感じではなく早く次の仕事しないと!!って思う方が先に来て、のんびりお花を見ることはないんですよね…でも、季節の変わり目に早めに出てくるお花を見ると「ああ、この花の咲く季節になったんだなぁ〜」と、季節を感じてはいます。でも店を一歩出て大自然の中のお花はやっぱりいいもんですね!花冷えってよく言ったもので、まだ陰に入ると肌寒く、冬物の上着が手放せません。やっぱ寒いわぁ〜って思いながら庭を散策してると、女性二人で写真撮ってる人が、なんとノースリーブのワンピース!!こっちは寒い寒いと言いながら回ってるのにノースリーブ!?桜をバックにめっちゃポーズ作って撮りまくってました。どうやら中国から来られた方のようでした。芝生の上にコートを置いてたので、写真用に脱いだんだなぁと推測。しかし、辛子色のノースリーブのワンピースは桜となんとなくミスマッチな感じがするんですけどね。プラプラ歩いて、耳に入ってくる会話を何気に聴いてるとなんと日本人の少ないこと(笑)外国の方の多いことにびっくり!!京都や博多でもかなりの外国人ですが、岡山でもこんなに海外からの観光客がいるんだと本当にビックリしました💦お花見はもはや日本人だけのものではないんですね。久々にお花見をすると新しい発見というか、カルチャーショックを受けました。でも桜はやはり美しくいくら上手く写真を撮ってもやはり実際に目にした感動は再現できませんね。とてもいい時間が過ごせました。

 

 

4月になりました。新元号は令和だそうです。

2019/04/01  ニュースブログ

発表されましたね。新元号。印刷関係の方々はてんてこ舞いだと思いますが、お花屋さんは大して何もありません(笑)福山市花屋 グリーンポットふじたにのNです。どうでもいい情報ですが、昭和から平成に変わった時、私はシンガポールに旅行中で、現地で号外が配られているのを見て、知りました。日本に帰ったらどうなってるんだろうとドキドキしながら帰ったのを記憶しています。この度は御崩御されてとかではないので、御祝ムード的になってるんでしょうかね。世代交代のあり方もどんどん変わっていくんですね。

お花の仕事をしていると冠婚葬祭行事にはお花は深く関わっていると思いますが、やはり時代とともに変化しています。結婚式も派手婚から地味婚。できちゃった婚は授かり婚とか言われてますね。御祝儀で賄うタダ婚というのもあったりします!!次々出てきますが、いずれも低コスト傾向ですね。葬儀はどんどん家族葬が増えています。平均寿命が延びたのも関係してると思います。結婚式は幸せな2人が居れば華やぎますが、葬儀はやはりお花を添えて場を和ませる効果のあるお花は必要かと思いますが、人それぞれですかね…

最近は人よりもペットへのお悔みのお花も少なくはありません。ペットも家族ですからね!!

結婚記念日に歳祝。核家族が多い中こういった記念日に家族が集まるという事は大切になってきますよね。来月連休明けにやってくる母の日もそうですね。プレゼントも良いけど、家族が集まって食事をするだけでもお母さんは嬉しいんじゃないかと思います。まぁ職業柄言わせてもらえばそこに花束があれば尚の事良いですが(^^♪今年は10連休ですか?私には縁遠い言葉ですが。今年の花キューピットの母の日のポスターには新田真剣佑君がモデルになっています。しかも母の日にお花を頼むと抽選で真剣佑くんがお花をお家まで届けに来てくれるそうです。その前のキャンペーンでは片岡愛之助さんから手渡しの花束キャンペーンもありました。ファンのママはたまらないかもしれませんが、私は息子で充分です(*^_^*)

1 / 1512345...10...最後 »

カテゴリー一覧

Copylight©GreenPot Fujitani. All rights reserved.